株式会社 合馬天然水合馬天然水

福岡県北九州市の天然水。大自然に育まれた本物の天然水を、採れたて新鮮なままご家庭にお届けします。

フリーダイヤル
0120-585-819(北九州)
0120-54-1324(福 岡)

【受付時間9:00〜18:00/日・祝日定休】 ※上記受付時間外は留守番対応しております。

合馬天然水実験室

合馬天然水と水道水のコーヒー実験

実験内容の説明

2つのグラスに、それぞれ常温の『合馬天然水』と『水道水』を入れ、上から同量のコーヒー豆を投入します。

コーヒー豆には、油脂(油のこと)が含まれており、この油分を溶かしだす力(界面活性力)を『合馬天然水』と『水道水』で比較。


12:57 


スタート!

開始早々、『合馬天然水』はコーヒー豆の油分を溶かし、抽出を始めています!
左:合馬天然水『極麗』 右:水道水


13:00


開始から3分後

『水道水』はコーヒーがほとんど抽出していませんが、『合馬天然水』は、ご覧の通り、コーヒー豆がどんどん下に落ちています。


13:03


開始から6分後

6分後も引き続き『合馬天然水』は抽出を続けています。『合馬天然水』がそれだけ油分を溶かし、水分が粉に浸透し、粉が重くなり落ちていきます。また、油分がなくなってきているので成分も良く出ます。


13:11


開始から14分後

わずか約15分で『水道水』はコーヒー豆が水に溶けずにほとんどが水の上に粉の山が残っていますが、『合馬天然水』は油分を溶かしだし、しっかりと抽出されているのが写真ではっきりとわかります!


<結果>
『合馬天然水』の界面活性力(油と混ざりやすい性質)は、基準水(武蔵野水道水)に比べて
『合馬天然水 極麗』236%!(国内最高レベル
※試験場:埼玉医科大学 試験者:物理学者 松下和弘先生